40歳無職男性と結婚・出産した女性の「計算」

40歳無職男性と結婚・出産した女性の「計算」

低収入を気にしていたら人生が終わってしまう(イラスト:堀江篤史)

仕事が落ち着かないうちは結婚できない、収入が低いので恋愛できない。独身男性に話を聞いていると、仕事とおカネが理由で恋愛・結婚への勢いを失っていることが多い。筆者も男性なので、彼らの気持ちはよくわかる。

しかし、「仕事が落ち着く時期なんて一瞬だ。低収入を気にしていたら人生が終わってしまう」という気もする。1人きりでは弱い存在だからこそ、人はパートナーを見つけようとするのではないだろうか。結婚しても人の性格や能力は変わらないが、助け合える相手がいることで気持ちに余裕が生まれ、自分のいい部分が表に出やすくなることはあると思う。

■お相手は、40歳の無職男性

40歳の無職男性と結婚して、子どもも作った女性がいると聞き、東北地方のある都市に向かった。駅前のコーヒーショップで会ったのは、建築会社に正社員として勤務する上杉智美さん(仮名、43歳)。関西地方の大学を卒業してからは、設計の仕事に打ち込んできた女性だ。同業他社に転職をして、実家のある県で勤務することができてからも1人暮らしを続け、朝まで会社に残って働くことも多かった。恋愛はしたけれど結婚願望は薄かったと智美さんは振り返る。

「最後に付き合ったのは、前の会社の先輩から紹介された1歳年上の公務員男性でした。彼は官舎住まいで夜勤もあったので、月に3回ぐらいデートするだけの関係です。なんとなく付き合っていたけれど、東日本大震災をきっかけに別れました」

智美さんの実家も被災し、建築関連の仕事は復興需要で尋常ではないほど忙しくなった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)