ロックな負け犬が世界的企業ナイキを創った

ロックな負け犬が世界的企業ナイキを創った

世界的ブランド「ナイキ」の創始者、フィル・ナイト。彼とロックミュージシャンの共通点とは(写真:AP/アフロ)

発売前から話題となっているナイキ創業者の自伝『Shoe Dog(シュードッグ)』。成功した経営者が書いたビジネス書でありながら、自慢めいたところがなく、コンプレックスにあふれた人間くさい内容になっている。

本書の訳者である大田黒氏は洋楽が好きで、ミュージシャンの伝記本などの翻訳も数多く手掛けてきた。そんな大田黒氏が感じたという、フィル・ナイト氏の生きざまとロックミュージシャンの類似点を語ってもらった。

■大企業の代表とロックミュージシャン

ロックを中心とする音楽好きが高じた私は、これまで幾人かの著名なミュージシャンに関する本を翻訳する機会に恵まれてきた。そんな私が、今回縁あって、フィル・ナイトの自伝を翻訳することになった。

フィル・ナイトといえば、かのナイキの創始者だ。世界に名だたるシューズのブランドであり、アップルやマイクロソフトと並ぶ超大企業である。大企業の代表とロックミュージシャンではどうにも似つかわしくない。というよりも対極といっていい関係だ。

ロックは本質的に体制への反発と揶揄を根っこに持ち、かたや大企業は体制そのもの、両者は水と油である。さて、どのように訳していったらよいものか。どうもこれまでとは勝手が違いそうだ。

だが待てよ、考えてみれば、ロックミュージシャンはレコード会社に所属しつつも、自分で作品を作って売りさばく個人経営者みたいなものだ。両者には何か共通点があるのではないか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)