もはや産業!「アバの解散後ビジネス」の秘密

もはや産業!「アバの解散後ビジネス」の秘密

アバの音楽はなぜ、世界中で愛され続けているのだろうか(写真:筆者提供)

1970年代にキャッチーなメロディと美しいハーモニーで、世界中を魅了したスウェーデン発の男女4人組ポップグループ「アバ」。1982年に活動を休止してからすでに35年が経過しているが、 アバは現役で活動していたときより、解散してからのほうがビジネスとして拡大していることをご存じだろうか。

2010年、ユニバーサル・ミュージックはアバに対して3億7500万のレコードセールスを記録したという賞を与えた。これはビートルズ、エルビス・プレスリー、マイケル・ジャクソンに次ぐ数字だ。

1992年にリリースされたベスト・アルバム『アバ・ゴールド』は、イギリスのアルバム・チャートでトップ100入りがなんと807週にも上る(2017年10月20日付)。これは男性4人組ロックバンド、クイーンの『グレイテスト・ヒッツ』(795週)より長い期間で、歴代1位だ。

「スウェーデンでは、VOLVO、エリクソン、H&M、IKEAといったブランドが有名ですが、アバもそのブランド産業のひとつだと思います」

友人のスウェーデン人はそう胸を張って話した。

1978年の時点で、アバはスウェーデンで最も急成長を遂げた「産業」となり、年間総収入は1600万ドル(当時のレート、1ドル=195円で約30億円)で、VOLVOよりも外貨を稼いでいたとも話題になった。そのアバが現在でも「産業」であるとは、いったいどういうことか。

筆者はスウェーデンで取材し、その手法に今後のポップ・ミュージック・ビジネスの新しいヒントを見た。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)