営業で伸び悩む人と頭角現す人の決定的な差

営業で伸び悩む人と頭角現す人の決定的な差

いきなり大きな成果が出せるワケではありません(写真:kikuo / PIXTA)

「このまま営業という仕事を続けていていいのかわからない」

若手の営業マンからよく受ける相談の1つです。夢や目標に向けて日々努力しているなかで、誰しもが「同じ場所をぐるぐる回っていて、まったく前に進んでいない」と感じることがあるのではないでしょうか。自分の成果や進化が感じられないときに落ち込んでしまうのは、人間として当然です。

でも、本当に前に進んでいないのでしょうか? 私はそうは思いません。拙著『営業 野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて』でも述べていますが、それは「螺旋階段」を上っているだけなのです。

確立されたメソッドを堅実な方法で実践し続けていれば、自分自身に必ず変化が生じるはずです。しかし、それを実践している日々を切り取ってみれば、地味な1日の繰り返しでしかありません。いきなりこれまでの10倍、100倍の成果が出せるわけではなく、1%、2%の調整を行い続けることで、結果的に大きな結果が伴うのです。

「景色が似ているので気づかない」かもしれませんが、努力を続けているうちは1段ずつ確実に螺旋階段を上っています。そして久々に下を見たときに、「自分はこんなに高いところまで来たんだな」と気づくはずです。

■成長は「2乗」で起きる

一見地味な仮説と検証を繰り返すことによって、人は加速度的な成長を手に入れることができます。

それは営業でいえば、技術やノウハウの改善の積み重ねの結果、1つの案件の成功率が飛躍的に高まることを指します。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)