「嫌われる営業マン」の話し方、よくある7大NG

「嫌われる営業マン」の話し方、よくある7大NG

商品に詳しい、「できる営業マン」ほど気をつけるべき点とは?(写真:Graphs / PIXTA)

みなさん、こんにちは! アナウンサーの魚住りえです。

このたび、東洋経済新報社より『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』を出版いたしました。

前著『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』は本当に多くの方に手に取っていただき、おかげさまで15万部を超えるベストセラーとなりました。みなさまに深くお礼を申し上げます。

第2弾となる今回は、コミュニケーションをとるうえで、「話し方」以上に大切な「聞き方」について書きました。早速、5万部を超えるヒットとなり、多くのみなさまに読んでいただけていることを、心からうれしく思います。

本記事では「嫌われる人の営業トーク」よくある7つのNGを紹介します。

■その「営業トーク」自己満足になっていませんか?

どのようにしたら、より多く商品が売れるのか――。営業マンにとっては、つねに頭から離れない課題ですよね。

多くの営業マンが、会社の先輩から学んだり、自分で勉強したりしながら多くの経験を積み重ねることで、スキルアップしていくと思います。そのスキルの中でも、営業成績に大きくかかわってくるのが「話し方」です。

自分では「完璧な営業トーク」と思っていても、「早口で全然わからない」「強引すぎる」「上から目線でイヤ」など、実はその「営業トーク」で相手を不快な気持ちにさせてしまったりしていることがあるものです。

では、嫌われる営業マンがやりがちな「営業トーク」とはどんな話し方なのか。ここでは、主な7つのNGを紹介します。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)