子どもが勉強しない一因は「親ストレス」だ

子どもが勉強しない一因は「親ストレス」だ

素直ではない、立ち直りが遅い子どもにどう対応すればいいのでしょうか(写真:miya227 / PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

小4の娘のことで相談します。小3まで算数だけ塾に通っておりましたので計算はできますが、国語の読解や算数の文章題、図形、単位などは勘で解いている状態です。小3の問題で難易度も標準レベルの問題ですが、計算の過程を図や文章で書きなさいというと、手が止まってしまいます。国語においては、適当に読んで適当に答えるという言葉がぴったりで、直しを指示しても4、5回でやっと正解になるありさまです。

正答することにこだわっており、見ていないところで答えを写すことも多々あります。わからない、できないということを人に知られたくないと思っているようで、素直に聞こうとしません。また立ち直りもたいへん遅いです。プライドが高いとあまりよいとは思えないのですが、どのように声かけしていけばいいでしょうか。

(仮名:玉木さん)

■プライドの問題ではありません

お子さん、結構つらそうですね。「どのように声かけしていけばいいでしょうか」ということですが、この種の問題は、声かけでは解決はしません。また、ご質問から察するに、お子さんは素直ではなく、プライドが高いことに原因があるように一見思えますが、実は、問題の本質は、まったく別のところにあります。

では、どこに問題があるかみていきましょう。

現在小4の娘さんは、国語は勘で解く、算数の計算はできるが、文章題はできないという状況で、それに対して、お母さんは、「○○しなさい」と指示をしています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)