「iPhone X」が実用面でも"買い"といえるワケ

「iPhone X」が実用面でも"買い"といえるワケ

「Phone X」は全面を有機ELパネルで覆った新しいデザインが採用され、ホームボタンも廃止された(筆者撮影)

アップルは10月27日、新型スマートフォン「iPhone X(テン)」の予約を開始する。発売は11月3日。日本では直販ではアップルのオンラインストアやリアル店舗(Apple Store)、キャリア系ではドコモ、KDDI、ソフトバンクのオンラインショップを通じて、10月27日16時01分から予約を受け付ける。

アップルで購入できるSIMフリーモデルは、シルバー、スペースグレーの2色とも、64GBモデルが11万2800円、256GBモデルが12万9800円(それぞれ税別)となる。

なお、11月3日の発売当日の午前8時から、Apple Storeでの予約なしの販売も行うと案内しているが、争奪戦になることが予想される。そのため、予約注文をしておくほうがよりスムーズに購入できるはずだ。

iPhone Xは、これまでのiPhoneの進化を踏襲しながら、ハイエンドのAndroidスマートフォンで魅力となっていた有機ELディスプレーやワイヤレス充電などの機能を備え、アップルが描く「未来のiPhone」のコンセプトを凝縮したモデルだ。

筆者は9月12日のイベントでiPhone Xに触れ、15分ほど操作した。その体験を振り返りつつ、期待が高まるこの新モデルについて、お伝えしていこう。

■iPhone Xについて改めておさらい

iPhone Xは9月12日に発表された新型スマートフォンで、同日に披露されたiPhone 8、iPhone 8 Plusは9月22日にすでに発売されている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)