トヨタ「ハイラックス」が映す若者開拓の糸口

トヨタ「ハイラックス」が映す若者開拓の糸口

ピックアップトラック「ハイラックス」が13年ぶりに復活

トヨタ自動車が13年ぶりに日本市場に復活させたピックアップトラック「ハイラックス」の報道関係者向け試乗会に参加した。5人乗りの車室の後ろに大きな荷台がついたタイプの乗用車だ。

富士五湖のひとつ、西湖の湖畔で開催された試乗会には開発担当者も来ていたので、いろいろ聞いてみた。そこで意外な情報を教えられた。発売から約1カ月が経過した取材時点で、購入者の中心は20〜30歳代の男性であり、初めて購入するクルマという人も多いというのだ。

同じトヨタのSUV「ランドクルーザー(ランクル)70」との関係も気になって聞いてみた。ランクル70は2014年8月、日本市場には10年ぶりの復活を果たし、安全基準が強化されて販売ができなくなる翌年6月生産分までの約1年間限定で販売された。今回のハイラックスは期間限定ではなく継続的なモデルとして販売するそうだが、ストーリーとしては似ている。

トヨタ社内でハイラックス復活の声は、ランクル70の前からあったそうだ。前回の販売終了から3年後の2007年に最初の話が持ち上がり、その後2度ほど話題になったという。それが実現しなかったのは、トヨタ社内では優先順位の低いプロジェクトであり、リーマンショックや北米でのリコール騒ぎなどがあったために流れてしまったのだ。

■購入者の中心は20〜30歳代の男性

ランクル70は月間目標台数の200台に対して、1年間に約7500台が売れたという。今回のハイラックス復活は、国内に約9000人いるというハイラックス所有者に対する代替需要を第一義的に挙げながら、ランクルと同じように潜在需要があると読んだのだろう。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)