性善説?富山ライトレール「信用降車」の挑戦

性善説?富山ライトレール「信用降車」の挑戦

富山ライトレールが行う信用降車。乗務員のいない後ろのドアでもICカードをかざせば降車できる(写真:富山ライトレール)

「乗ってくる人も下りる人もおカネを払ってないけど、みんなタダで乗れるの?私たちもタダ乗りなの?」

スイスのレマン湖沿いのローカルバスに乗ったときのこと。一緒に旅行した筆者の叔母がそう尋ねた。確かにバスの乗客は誰1人として運賃を払っていないし、運転士に切符を見せることもしない。その状況を見て、「これは不思議」と声を上げたのだ。もちろんわれわれ一行は有効な周遊パスを持っていたが、それを運転士に見せることなく目的地に着いた。

欧州では、ドイツやオーストリア、スイスなどで、改札ゲートがなく車内で切符のチェックもしない「信用乗車」という方法が採用されている。一方、日本では無人駅では運転士が乗客の降車時に切符を回収するというように、徹底的な切符のチェックが行われている。

そんな中、富山市などが出資する第三セクター鉄道・富山ライトレールでは、同社が運営するLRT(新型路面電車システム)に、10月15日から新たに「信用降車」の終日化という仕組みを開始した。

信用降車とは、乗客が自主的にICカードをセンサーにかざし、運転士がそばにいない後方のドアから自由に降りられる仕組みである。これまで、同社の乗客は運転士がそばにいる前方のドアの前で運賃を支払ったり、ICカードをかざしたりしてから降車していた。もともと同社は、混み合う朝の通勤時間帯に後方のドアからカードをかざすだけで降りられる仕組みを導入していたが、これを終日いつでもできるようにした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)