「ゼクシオ」のゴルフクラブが売れ続ける理由

「ゼクシオ」のゴルフクラブが売れ続ける理由

吉田 弓美子選手が「ゼクシオ テン」のドライバーを初投入し、10月6〜8日に開催された日本女子ツアーで優勝。今季2勝目を飾った(写真:ダンロップスポーツ)

12月9日にダンロップスポーツのゴルフクラブ「ゼクシオ」の10代目「XXIO X(ゼクシオ テン)」が発売される。2000年に初代が発売されてから、9代にわたって17年連続でシリーズ国内売り上げNo.1を継続(矢野経済研究所調べ)している、日本のゴルフ最強ブランドである。

ゴルフ場でキャディーバッグを見ると、4人に1人は「ゼクシオ」が入っているのではないだろうか。発売に先立ち10月2日に記者発表が行われた。会見にはダンロップスポーツの木滑(きなめり)和生社長、契約プロである中島常幸氏、横峯さくら氏らが出席し、新商品の性能のよさをアピールしていた。

■累計2000万本はダテじゃない

ゼクシオがこの17年間にわたって売れ続けているのはなぜだろうか。記者発表で初代からの販売本数は累計1900万本で、今回の10代目で2000万本を目指すと木滑社長は発表していた。これはドライバーやアイアンまで含めた数量である。海外にも数多くの有名ブランドがある中で、単一ブランドでの累計販売本数は世界一と言っても過言ではない。 

これだけ売れ続けているのには理由がある。2000年のゼクシオがスタートした時期にさかのぼると、当時、住友ゴム工業(現:ダンロップスポーツにスポーツ事業移管)は米国キャロウェイ社の代理店として、一般アマチュア向けブランドのクラブを展開し、順調に業績を伸ばしていた。両社は、1988年から1999年末まで、日本における「キャロウェイ」ゴルフ用品の独占販売契約を結んでいたが、2001年からは日本のキャロウェイゴルフ社に販売事業が移り、両社は販売関係を解消した。

キャロウェイは当時「グレートビッグバーサ」というヒット商品をもっており、ダンロップとしては会社の業績を支えているブランドが1つ、突然消えてしまったことになる。そのキャロウェイに変わって、社運を懸けて立ち上げた新ブランドが「ゼクシオ」である。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)