iPhoneX最速レビュー、使って分かった超進化

iPhoneX最速レビュー、使って分かった超進化

iPhone X シルバー 256GBモデル。iPhone 8のシルバーモデルよりもややグレーに近い背面のボディカラーだ(筆者撮影)

アップルは9月12日に発表した新型スマートフォン「iPhone X(テン)」を11月3日に発売する。10月27日にすでに予約を開始しているが、各国で好調だ。10万円を超えるプレミアムモデルでありながら、数分間で100万台以上の予約を受注したとみられており、iPhoneがスマートフォンブランドの王様であることを物語る。

そんなiPhone Xを、アップルより貸し出しを受け、1週間ほど試してみた。その先行レビューをお届けする。レビューするモデルは、iPhone X シルバー 256GBだ。

筆者は日本でiPhone 3Gが発売された2008年以来、アップルのスマートフォンを利用してきたが、iPhone Xに触れた瞬間から、新しいデザイン、美しいディスプレー、そして操作性、先進の生体認証機能など、10年間の成熟とそこからの飛躍を見ることができた。

アップルがこれからの10年、どのようにスマートフォンに取り組んでいくのかを垣間見るうえで、重要な製品と評価できる。

■手に馴染む、美しいデザイン

iPhone Xを箱から取り出してみると、「iPhone最大の画面サイズ」というふれこみからは少し異なる印象を覚える。手に馴染む手頃なサイズ感を保っていたからだ。しっとりとしたガラスの感触と、機能を凝縮したことを感じさせる重さが、手に伝わってきた。

iPhone Xは、すでに発売されている2017年モデルのiPhone 8、iPhone 8 Plusと多くの部分で共通項を持つ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)