解散後35年「アバの博物館」が大盛況なワケ

解散後35年「アバの博物館」が大盛況なワケ

ビジネスを牽引する、アバ・ザ・ミュージアムのディレクター(館長)のイングマリー・ホーリングさん(写真:イングマリーさん提供)

1970年代にキャッチーなメロディと美しいハーモニーで、世界中を魅了したスウェーデン発の男女4人組ポップグループ「アバ」。1982年に活動を休止してからすでに35年が経過しているが、 アバは現役で活動していたときより、解散してからのほうがビジネスとして拡大していることをご存じだろうか。

「アバの解散後ビジネス」を俯瞰(ふかん)した前回記事(もはや産業!「アバの解散後ビジネス」の秘密)に続き、2回目の今回はアバを生んだスウェーデン、ストックホルムでいま大成功を収める「アバ・ザ・ミュージアム」についてレポート。「解散後ビジネス」を支えるキーパーソンにもインタビューし、その成功の秘訣に迫る。

■「アバ・ザ・ミュージアム」が大盛況

ストックホルムに行くと、ある建物の前で待っている意外な人だかりに遭遇する。そこがアバ結成前から解散までの活動を展示物とともに追う博物館、「アバ・ザ・ミュージアム」だ。

アバとは1974〜1982年まで活躍したアグネタ・フォルツコグとビヨルン・ウルヴァース、アンニ・フリード・リングスタッド(フリーダ)とベニー・アンダーソンの、2組のカップルからなるポップ・グループだ。1976〜1977年にかけて、代表曲「ダンシング・クイーン」は全世界13カ国でNo.1ヒットとなった。

1982年に活動停止したものの、それから30年以上経った現在でも人気は衰えていないことは、前回記事でも紹介した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)