マラウィ「イスラム過激派掃討」の恐ろしい話

マラウィ「イスラム過激派掃討」の恐ろしい話

マウテ・グループの拠点だったマラウィ市街の3階建て民家。銃撃戦のすさまじさを物語る(筆者撮影)

フィリピン南部ミンダナオ島のマラウィで5月下旬に発生したイスラム過激派による大規模な武力衝突は、5カ月間に及ぶ政府軍の掃討作戦が完了し、10月23日にようやく終結宣言が出された。直後の10月25日に現地に入ると、激しい戦闘で約1200人が死亡した市街中心部は荒廃してゴーストタウンと化し、公表されない恐ろしい話が広がっていた。

■銃撃戦の跡が生々しい過激派拠点

「見てくれ、ひどいありさまだろう? ここは(イスラム過激派の)マウテ・グループが借りていた家で、最初に銃撃戦が起きた場所なんだ」。マラウィ市街中心部の西寄りにあるバサック・マルル地区の住民、アガカド・カリさん(50歳)に案内された路地裏の鉄筋3階建て民家は、政府軍の攻撃で破壊され、路上には自動小銃の薬莢(やっきょう)が散乱していた。

「最初の銃声が聞こえたのは午前2時ごろ。けんかの発砲は珍しくないので気にもしなかったが、撃ち合いが激しくなって、家から一歩も出ずに家族と息を潜めていた。政府軍兵士が来て『マウテの拠点を攻撃している。早く避難しろ』と言うので、本当にびっくりしたよ」

ミンダナオ島南西部のイスラム地域バンサモロに属する南ラナオ州都マラウィで、地元のイスラム過激派マウテ・グループ、これと連携するミンダナオ南西沖スールー諸島のアブ・サヤフによる騒乱が発生したのは、5月23日のこと。外遊中だったロドリゴ・ドゥテルテ大統領は「わが国にIS(イスラム国)の勢力が侵入したのは明白だ」と述べ、ミンダナオ全島に即日、戒厳令(当初3カ月、後に年末まで延長)を布告した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)