「ルビー」の奥深さをどれだけ知っていますか

「ルビー」の奥深さをどれだけ知っていますか

今回は、ダイヤモンドに次ぐ硬度を持ち、赤色が特徴的なルビーについて(写真:chiiro / PIXTA)

モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。ちょいと一杯に役立つアレコレソレ。「蘊蓄の箪笥」をお届けしよう。

蘊蓄の箪笥とはひとつのモノとコトのストーリーを100個の引き出しに斬った知識の宝庫。モノ・マガジンで長年続く人気連載だ。今回のテーマは「ルビー」。あっという間に身に付く、これぞ究極の知的な暇つぶし。引き出しを覗いたキミはすっかり教養人だ。

この連載の一覧はこちら

1. ルビーは、宝石のなかでも財宝・宝飾として評価の高いものを指す「貴石(precious stone)」のひとつ

2. ルビーの語源はラテン語で「赤」を意味する「rubeus」

3. 古代ローマでは「カンブルクルス」、ギリシャでは「アクスクラックス」=「燃える石炭」と呼ばれた

4. サンスクリット語では「宝石の王」を意味する「ratnaraj(ラトナラジュ)」という名で呼ばれていた

5. ルビーは和名で「紅玉」

6. 「ルビー」は宝石としての名称で、鉱物としての名称は「コランダム(corundum)」

7. コランダムは、酸化アルミニウムの結晶からなる鉱物で、鋼玉とも呼ばれる

8. ルビーはダイヤモンドに次いで高い硬度をもつ鉱物

9. 鉱物の硬さを示す「モース硬度」でルビーは硬度9

10. 宝石に適さない不純物の多いコランダムは、金属の研磨やレーザー光線の光源など工業用に利用されている

11. ルビーは耐摩耗性に優れるため、機械式腕時計の回転体の軸受けなどの部品にも使用される。「石」「ジュエル」と呼ばれ、主に人工ルビーが17〜25個ほど使われる

■ルビーとサファイアの関係

12. ルビーとサファイアは、元は同じ鉱物。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)