千葉「ポッポの丘」、私設鉄博は養鶏場だった

千葉「ポッポの丘」、私設鉄博は養鶏場だった

房総半島の山間部に広がる「ポッポの丘」。営業は金・土・日・月と祝日の10〜16時で、悪天候は休業する(撮影:坪内政美)

千葉県房総半島に「ポッポの丘」という場所がある。みなさんはこの名前を聞いて何を想像するだろうか?

1:保育園
2:鳩が集まる丘
3:汽車ポッポ

正解は3の汽車ポッポ。しかもここは「たまごかけご飯」が美味しいのだ。

“汽車ポッポ”と“たまごかけご飯”。まったく共通性がないように思えるが、実はここ「ポッポの丘」は「ファームリゾートISUMI 鶏卵牧場」が元養鶏場だった場所にオープンした、鉄道天国ともいえる、私設の車両保存展示場。

私も何度となく足を運んでいるが、来る度に車両が増えている。展示されている鉄道車両の数は、現在なんと22両!中に入ることのできる車両も多く、しかもこれらすべてが無料で見学できるのだ。

ここは経営としてやっていけるのだろうか? そして1個数十円の卵を売ることで、鉄道車両を買うことができるのだろうか?

かねがね疑問に思っていたが、4回目の訪問でついに解決した。

■小高い丘の上に車両が!

ポッポの丘は千葉県いすみ市にある。いすみ鉄道の上総中川駅から2kmほど、国吉駅からは9kmあるが、国吉駅には無料のレンタサイクルがある。初めて来たときは、女友達といすみ鉄道のスイーツ列車に乗って国吉駅で下車、無料のレンタサイクルを借りて向かった。

田んぼで開けた景色を進んで行くと、突然小高い丘にカラフルな車両が3つ並んでいるのが目に入る。なんだか不思議な光景だ。現地に到着すると、卵詰め放題のイベントが行われていた。鉄道車両があると聞いて来てはみたものの、これで初めてここが鶏卵牧場だったと認識したのである。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)