44年ぶり東京23区出店、「大人」パルコの勝算

44年ぶり東京23区出店、「大人」パルコの勝算

11月4日に東京・上野でオープンしたパルコの新業態「パルコヤ」。68のテナントが入居する(撮影:今井康一)

11月4日、ファッションビルを運営するパルコは東京・上野で新型店舗の「パルコヤ」をオープンする。同社が東京23区内にパルコ店舗を出店するのは、1973年の渋谷パルコ以来、実に44年ぶり。東京の東エリアに出店するのも初めてだ。

■4割のテナントがパルコに初出店

松坂屋上野店南館の再開発による大型複合施設「上野フロンティアタワー」の中核店舗として、1階から6階までのフロアをパルコが運営する。パルコは2012年にJ. フロント リテイリングの傘下に入ったが、同社と店舗を共同開発したのも今回が初めてとなる。

「パルコの新しい『刺激』として展開していきたい」。開業に先立ち10月31日に実施された記者会見の席上で、パルコの牧山浩三社長は力強くそう語った。

パルコヤには68店舗がテナントとして入居するが、そのうち約4割がパルコに初めて出店したブランドだ。衣料品の比率を抑え、雑貨や食品などのテナントを充実させた。ただ、延べ床面積が約8200平方メートルと、パルコの中では中型の店舗になり、入居する各テナントのフロアスペースは決して広くない。牧山社長は「各ショップには通常の8割程度の広さで我慢してもらった」と話す。

やや手狭な感が否めないものの、パルコではなく、隣接する百貨店の松坂屋にちなんでパルコヤと名付けたことからもわかるように、この新店舗はほかの店舗とは違う新機軸を打ち出している。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)