「家、ついて行ってイイですか?」成功の秘密

「家、ついて行ってイイですか?」成功の秘密

「家、ついて行ってイイですか?」(テレビ東京、毎週水曜夜9時から放送中)

今やテレ東バラエティを代表する人気番組となった「家、ついて行ってイイですか?」。そのカテゴリーはバラエティながら、市井の人の「リアル」を描くドキュメンタリー番組であるといっても過言ではない。プロデューサーが番組成功の秘密を明かす(当記事は『GALAC』12月号からの転載です)。

■人々のリアルな「ウチ面」を撮るために

終電を逃した人に、タクシー代をお支払いするので、「家、ついて行ってイイですか?」と聞いてみて、OKならその場でついていく。

人が普段社会で見せる「ソト面」と、家で見せる「ウチ面」の違いを見たり、想像したりするのが趣味で、気になるとつい、ついて行きたくなっちゃうのですが、この番組では人々のリアルな「ウチ面」を撮るために、試行錯誤しながらいくつか演出手法が定まっていきました。

“新たなドキュメンタリーの形”という、今回の特集に関連する点について述べれば、この番組が標榜するのは、

@「即興」のドキュメンタリー

A「バラエティ」・ドキュメンタリー

B「超リアル」ドキュメンタリー

C「半径10m以内」のドキュメンタリー

D「偶然」のドキュメンタリー

この5点です。

@「即興」のドキュメンタリー

これは明らかに、地方局も含む他局の良質なドキュメンタリーに対するコンプレックスから来るものです。

フジテレビの「泣きながら生きて」は大好きですし、東海テレビの「人生フルーツ」も、NHKの「ヤノマミ〜奥アマゾン 原初の森に生きる〜」や、海外の「アクト・オブ・キリング」といったドキュメンタリーも、人生で一度はこんなドキュメンタリーを撮ってみたいと嫉妬します。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)