「多動力×SNS」がビジネスで最強であるワケ

「多動力×SNS」がビジネスで最強であるワケ

ゆうこすが考える「SNSと多動力」とは?(写真:Tomoki Kuwajima)

「Instagram」「Twitter」「LINE」……etc。SNSを仕事でも使う機会が増えています。でも実は苦手、よくわからない……そんなことをうっすらとお思いの皆さんに、SNSの申し子、20代女性に圧倒的な人気を誇る「ゆうこす」こと菅本裕子が、イマドキSNS事情をお届けします。

元アイドルという異色の経歴を持ち、どん底の時代からSNSを駆使して自分をブランディングした彼女ならではの視点。連載最終回は「SNSと多動力」についてです。

■「多動力」とSNSは相性バツグン!

2017年5月に刊行されて以来、大きな反響を呼んでいる堀江貴文さんの『多動力』(幻冬舎)。何種類もの仕事を同時に動かす堀江さんの「究極の力」の秘密を知りたいと、読んだ方も多いのではないでしょうか。

これまで「多動」な人は「集中力が続かない人」というマイナスのイメージを持たれがちでした。

実は私も子どもの頃から注意力が散漫で、授業に集中することができませんでした。小学生の頃、スカートをはき忘れタイツ姿のまま登校しようとして、親に指摘されたことも。

しかし、「1つのことに集中できず、興味がすぐ次のことに移ってしまう」特徴が、欠点ではなく、武器になる時代が来たのです!

何を隠そう、私がSNSで夢を叶えられた秘訣も、実はここにあります。いくつもの異なることを同時にこなす「多動力」があったからこそ、同時に複数のSNSを使って発信力を高め、「やりたいことだけやって」生きられるようになった。自己プロデュースを始めてたった1年半で、年収は100倍にもなったのです。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)