凶悪テロに「日本の警察」は立ち向かえるのか

凶悪テロに「日本の警察」は立ち向かえるのか

米大統領来日前に車両検問。トランプ米大統領の来日を控え、車両を検問する警察官=10月26日夜、東京・丸の内(写真:共同通信社)

アメリカのトランプ大統領が11月5日(日)から3日間の予定で日本を訪れている。すでに10月末から主要駅のコインロッカーが使えなくなるなどテロ対策を強化している。

日本の警察によるテロ捜査、テロ対策の最前線を中心に、日本で狙われやすい場所はどこか。テロが実際に起きてしまったときの対処法、水際対策の最前線、世界各国のテロ対策、日本のテロ捜査の歴史、ISをはじめとする過激派思想の流れ、そしてサイバーテロや共謀罪とは。『テロvs.日本の警察 標的はどこか?』の著者で、民放テレビ局で警視庁担当記者を務めた今井良氏が、「テロの時代」を考えていく。

■日本でターゲットになる場所はどこか

「日本も、テロと本気で対峙しなければならない時代に突入した」

2016年夏。警察庁幹部は、対面していた筆者に深刻な表情でそうつぶやいた。1週間前にバングラデシュのダッカで起きた、日本人7人が犠牲となった国際テロ事件のことも頭をよぎっていたのだろう。

「私は日本人だ! 撃たないでくれ!」

現地メディアの報道によると、犠牲者の1人はこう叫んだというが、テロリストは何のためらいもなく引き金を引いたという。昨今、世界各地、特に西側諸国を中心にテロが頻発している。2015年から2016年にかけて大規模なテロが相次ぎ、現在に至るまで、その勢いは衰えていない。

では、もし日本が標的となった場合、ターゲットになる場所はどこなのか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)