宇都宮LRTのシンボルカラーが「黄色」のワケ

宇都宮LRTのシンボルカラーが「黄色」のワケ

JR宇都宮駅東口に立つLRTの看板(筆者撮影)

栃木県宇都宮市と芳賀町が計画しているLRT(次世代型路面電車システム「Light Rail Transit」、以下「宇都宮LRT」と記す)については、2年前の2015年10月に当時の状況を報告した(栃木・宇都宮に「LRT」が走る日は来るのか)。

この際は、2012年の宇都宮市長選挙でLRT導入を公約に掲げ、3選目に挑んだ佐藤栄一氏が大差で当選したことを受け、翌年には整備に向けた検討に入ったものの、市長選前に383億円(JR宇都宮駅東側260億円+西側123億円)だった整備費用が2014年には駅東側だけで400億円以上になり、反対運動が目立ち始めていたことを紹介した。

■2019年開業予定は延期に

その後宇都宮LRTは存亡の機に陥った。2016年の宇都宮市長選挙で反対派候補が、根拠は明らかにしないまま整備費1000億円という数字を掲げたことが市民に衝撃を与え、佐藤市長は4選を果たしたものの、前回約4万票あった対立候補との票差は約6000票と大幅に縮まり、僅差での勝利となった。

結果を受け、市長は丁寧に説明を重ね、市民理解をさらに深めていきたいと発言。当初は2016年度中としていた着工を2017年度以降とし、2019年12月とした開業時期は白紙とした。

プロジェクトが中断されるのではないかという憶測も出た。しかし今年9月2日に行われた「LRTの早期着工を目指す市民大会」は、会場に入りきれない人が出るほどの大盛況となり、多くの市民がLRTに興味を持っていることが明らかになった。

続いて9月29日には、宇都宮市議会でLRT関連法案が賛成多数で可決された。すでに芳賀町議会では可決されており、栃木県の判断を待つのみとなったが、こちらも10月10日の県議会で可決された。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)