ロシア革命100年、なぜこうも忘れられたのか

ロシア革命100年、なぜこうも忘れられたのか

「十月革命」を描いた有名な絵。100年後の今、ロシア革命の解釈は劇的に変わってしまった(提供:TopFoto/アフロ)

1917年10月25日(新暦では11月7日)、ロシアの首都で労働者や兵士による武装蜂起が起きた。ロシア革命(十月革命)である。それからちょうど100年の節目を迎えたわけだが、ほとんど語られることはなく、すっかり忘れ去られた感がある。

いつの時代にも、歴史を規定するのは現在である。客観的歴史などというものなどない。事件を巡る解釈の変化は、いくらでも行われる。しかし、ロシア革命の場合は、たんに解釈が変わったというレベルではない。「無意味な革命」として歴史から抹殺されようとしているのである。

なぜ、ロシア革命が歴史から抹殺されようとしているのか。そのことについて考える前に、1789年のフランス革命の解釈の変化について述べていく。実は、「フランス革命の解釈の変化」と「ロシア革命の歴史からの抹殺」は密接に関係しているからだ。

■フランス革命は民衆革命に変わった

奇しくもベルリンの壁が崩壊する1989年、フランス革命200年記念の式典がフランスでは華やかに開催された。そして、このきらびやかな式典の脇で、フランス革命を専門とする学者による地味な会議が開かれた。

会議のテーマは、フランス革命をめぐる解釈の見直し。この会議によって、これまで信じられてきた解釈が大きく変わった。それまではブルジョワ(市民)革命説であったが、自由を求める革命、近代的個人の確立を目指す革命説へと変わったのである。

個人が身分制から解き放たれて自由の身になることは、絶対王政が近代的官僚制に変化し、政治が民衆のものになることを意味する。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)