嫌われる人の「ウザい独り言」、よくある5大NG

嫌われる人の「ウザい独り言」、よくある5大NG

嫌われる人に5大NG"独り言"

嫌われる人の「ウザい独り言」、よくある5大NG

「疲れた」や「ため息」を連発していませんか?(写真:JIRI / PIXTA)

みなさん、こんにちは! アナウンサーの魚住りえです。

今年の4月に、東洋経済新報社より『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』を出版いたしました。

前著『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』は本当に多くの方に手に取っていただき、おかげさまで15万部を超えるベストセラーとなりました。みなさまに深くお礼を申し上げます。

第2弾となる今回は、コミュニケーションをとるうえで、「話し方」以上に大切な「聞き方」について書きました。こちらも5万部を超えるヒットとなり、多くのみなさまに読んでいただけていることを、心からうれしく思います。

本記事では「嫌われる人の独り言」よくある5つのNGを紹介します。

■その「独り言」、実はかなり迷惑です!

無意識に出てしまうことが多い「独り言」。

ちょっとくらいなら、それほど気にもならないのですが、気がつくと、ぶつぶつ言い続けてしまったり、大きな声になってしまったりと、職場や家庭でみんなの迷惑に……なんてことも少なくないのではないでしょうか。

また、意図的に「独り言」のようにつぶやいて、実はまわりに文句やイヤミを言いふらす人も、なかにはいたりしますよね。

「独り言でつぶやいているだけなんだから、まわりには迷惑かけていないよね」と思って気にしていない人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

自分では迷惑をかけていないと思っていても、実はその「独り言」がまわりにいる人たちをイヤ〜な気持ちにさせてしまったりしていることも多々あります。

特に職場や家庭など、いつも同じメンバーで過ごす環境だと、ちょっとした「独り言」でも、それが続くと、気になるものですよね。

では、嫌われる人がやりがちな「独り言」とは、どんなものなのか。ここでは、主な5つのNGを紹介します。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)