仕事ができる人の「文具の使い方」ベスト5

仕事ができる人の「文具の使い方」ベスト5

ごちゃごちゃしがちなデスク回りをすっきりとさせる方法を聞きました(写真 : dorry / PIXTA)

秋も深まり、あっという間に年末の気配……。そろそろ1年を終えるにあたって、デスクや身の回りの「片づけ」を行う人も増えてくることでしょう。

片づけ上手な人は、仕事ができる人、の証しでもあります。最近では、デスクや身の回りの片づけに「文具を徹底活用」する人たちもいるとか。彼らは、生産性を高めるために活用している、といっても過言ではありません。上手な使い方によっては、仕事の効率化を後押しし、結果を出す仕組みを生み出しているのです。

今回は、『仕事がサクサクはかどる コクヨのシンプル整理術』(KADOKAWA刊)より、生産性がアップするおすすめの使い方を5つ紹介してもらいました。

■「立てる」ことで、デスクも頭の中もスッキリ

コツ1:収納ボックスと立つペンケースで、作業スペースを確保

コクヨのある社員は、デスクの上に「収納ボックスとペン立てを1つずつ置いて、それらにこまごまとしたものを立てて収納」しています。スキャナーなどの電子機器も、立ててみると、スッキリと収納できます。この社員が使っている収納ボックスは、スリムでコンパクトに見えますが、実際は、かなりの収納力があります。

このまま会議室や打ち合わせスペースに持っていくだけで、ちょっとした仕事場さえ、完成するのです。

また、あちこちに散らばりやすいスマートフォンなどのケーブル類も、「立つペンケース」にまとめて入れて、立てて収納しています。





ケーブル類は、何げなく置いておくと、上にモノが置かれて、いつのまにか姿が見えずに行方不明……という悪いパターンになりがち。しかし、立てて収納すれば、そういう事態も防ぐことが可能なのです。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)