利回り6%超の上場REITを買ってみた

利回り6%超の上場REITを買ってみた

カリスマ投資家が買った「利回り6%超」の上場REIT銘柄とは?(撮影:今井康一)

日本株は11月も上昇するのだろうか。日経平均株価はついに平成バブル崩壊後の戻り高値2万2666円を突破した。この間、カリスマ投資家の内田衛氏はどんな取引をしていたのだろうか。どうやら大相場には完全には乗り切れていないようだ。内田氏は今後の相場をどう見ているのか。いつものように、株日記とともに見ていこう。

【10月23日 月曜日】衆議院選挙の最終結果が出た。与党で定数の3分の2議席を獲得し圧勝。日経平均は、239円高の2万1696円と大幅高で、史上初の15連騰となる。だが日本郵政(6178)は、前日比変わらずの1300円。2万1000株保有中。第2次売り出しで需給が悪化しているので、過去の例からすると上昇するには時間がかかりそうだ。

■ついに日経平均16連騰!利回り6%超の上場REITを買う

【10月24日 火曜日】日経225先物は、120円安の2万1620円、NYダウは、54ドル安の2万3273ドルと7日ぶりの反落。10時19分、大和証券から「公募(PO)のトーセイ・リート投資法人(3451)を買いませんか?」と電話があった。売り出し価格が10万4462円で10口ということだけ聞いて、自分で調べたいのでお昼までには回答するといって時間をもらった。昨日23日の終値が、11万0400円からすると5.38%のディスカウントとなるが、これは10月末の分配金(4月と10月の年2回ある)がもらえないので、その分ディスカウント率が高いことがわかった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)