「日本株はバブル」という人の根本的な間違い

「日本株はバブル」という人の根本的な間違い

銀座の地価は、すでに平成バブル期を上回った。 やっぱり今はバブルなのだろうか(写真:gandhi / PIXTA)

 日経平均株価はついに平成バブル崩壊後の高値2万2666円を上回り、11月9日には一時2万3000円も突破しました。東証株価指数(TOPIX)も1991年以来26年ぶりの高値。一部では「日本株はバブルだ」「そろそろ上昇局面は終わる」という声も浮上しています。はたして株価はまだ上昇するのでしょうか。草食投資隊に聞きました。

■1989年の「日経平均3万8915円」は余計だった

中野:10月の日経平均株価は16連騰。11月に入っても日本株は強い、強い。はたして、日本株はバブルなのでしょうか。

渋澤:日経平均が16連騰したとか、20年数年ぶりの水準に達したとか、いろいろ言われますが、私は日経平均株価だけを見て、今の株式市場がバブルかどうかを判断するのは、ナンセンスだと思っています。

日経平均は1989年12月29日に過去最高値をつけたわけですが、当時は、今の株高をリードしているファーストリテイリングも、ソフトバンクも、225銘柄には入っていませんでした。一方で、日経平均は過去最高値を更新していませんが、個別銘柄で見れば現在、株価が過去最高値を更新している企業がたくさんあります。それも新興企業ではなく、資生堂のようなオールド企業の中に、この手の企業がたくさん見られます。それだけ業績が良好だと見ています。

藤野:1990年当時、日経平均の平均PER(株価収益率)は約80倍でした。それが今は約16倍に達するかどうかというところです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)