トランプ−安倍会談に見た蜜月の微妙なズレ

トランプ−安倍会談に見た蜜月の微妙なズレ

会食やゴルフを楽しむなど「蜜月」関係を見せた2人だったが…(写真:ロイター/アフロ)

ドナルド・トランプ米大統領と、安倍晋三首相の11月6日の日米首脳会談やその後の共同記者会見は、両首脳の「蜜月ぶり」の一方で、微妙なずれが見え隠れする、興味深いものだった。

トランプ氏が、北朝鮮に対して融和的な言葉も口にするなかで、安倍首相は圧力をかけ続ける必要性を強調。トランプ氏は、対日貿易赤字など通商問題の協議をむしろ優先させるような姿勢もちらつかせ、袖の下から鎧がちらりと見えた。「対等なパートナー」というよりも、「兄貴分」のようにふるまうトランプ氏の姿勢も目立った。同時通訳を通してではわからない、日米関係の別の側面をリポートしたい。

■安倍首相に対して失礼なジョーク

象徴的だったのは、11月6日の東京・迎賓館で開かれた会見での一場面だった。

「日本は大変特別な場所だ。日本の人々は繁栄していて、日本の都市は活気に満ちている。そして、あなたがたは、世界で最も強力な経済の1つをつくりあげた」

トランプ氏は、事前に用意された原稿を読みながら、ここまでは日本を褒めちぎっていたが、ふと顔を上げ、安倍首相のほうを向いて語り始めた。

「私には、それ(日本経済)が、我々の(米国経済)と同じぐらい良いものなのかどうかはわからないけど。私はそうは思わないし。いいかい? (I don't know if it's as good as ours. I think not. OK?)」

トランプ氏が、安倍首相に、「日本経済よりも米国経済のほうが上だ」と言い聞かせるような微妙な場面になった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)