ファナックが工作機械活況をモノにした理由

ファナックが工作機械活況をモノにした理由

栃木県壬生町にある、ファナック壬生工場。CNCやモーター、アンプ、レーザー加工機用の発振器などを製造する(撮影:尾形文繁)

「もし、壬生(みぶ)工場がなかったら、需要の急増を賄うことができなかった」

工作機械用のNC(数値制御)装置で世界トップシェアを誇るファナックの稲葉善治会長兼CEOは、11月1日に栃木県壬生町の同社工場で開かれた式典で、そう述べた。

ファナックは2014年9月に壬生工場の建設計画を発表。栃木県と土地売買の基本合意書を取り交わし、県が整備した工業団地69.3ヘクタールの土地を段階的に購入する契約を結んだ。式典は6期目の土地売買契約に伴うもので、今回の契約をもって、この工業団地は完売した。

■工作機械の活況に新工場がうまくはまる

ファナックの投資総額(第1期)は、土地取得費105億円を合わせて1000億円。すでに6棟の生産設備を建設しているが、東京ドーム15個分の敷地には、まだかなり余裕がある。将来的には、山梨県忍野(おしの)村にある本社工場並みの生産能力を構築する予定だ。

この工場で主に生産するのは、工作機械の精密制御を担うCNC(コンピュータ数値制御)装置という、工作機械には欠かせない重要ユニットだ。

工作機械の需要は目下、急拡大中だ。CNC装置の国内シェア7割超を占めるファナックは、供給責任を果たそうと、フル操業で対応している。昨年立ち上がった壬生工場の存在がなければ、注文をさばききれなかったかもしれない。

「BCP(事業継続計画)の観点から、また供給責任を果たすために、冗長になっても生産設備の複線化は進めていく」と、稲葉会長はかねて述べ、壬生工場のほかに、筑波などにもロボット工場の建設を進めていたが、この工作機械の空前の活況にうまくはまる格好となった。

工作機械は、「機械を作る機械」=マザーマシンといわれ、機械部品を加工する機械だ。つまり、工作機械の受注・生産が活況ということは、企業の生産設備への投資が活発ということを表す。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)