日本の名作ドラマ、どれだけ覚えていますか

日本の名作ドラマ、どれだけ覚えていますか

日本初のテレビドラマは?(撮影:天田 輔)

モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。ちょいと一杯に役立つアレコレソレ。「蘊蓄の箪笥」をお届けしよう。

蘊蓄の箪笥とはひとつのモノとコトのストーリーを100個の引き出しに斬った知識の宝庫。モノ・マガジンで長年続く人気連載だ。今回のテーマは「日本の名作ドラマ」。あっという間に身に付く、これぞ究極の知的な暇つぶし。引き出しを覗いたキミはすっかり教養人だ。

1. 「日本の名作ドラマ」とは日本で制作・放映され年月を経ても評価が失われないテレビドラマのこと

2. 日本初のテレビドラマは1940年にテレビの実験放送用に制作されたNHKの「夕餉前」(脚本:伊馬鵜平)

3. 15分程のホームドラマで4月13・14日の二日間、東京・世田谷区NHK放送技研のスタジオから生放送された

4. 当時はまだ録画技術がなくドラマも生放送だったため、息子役の俳優が放送当日の新聞を読む場面があった

5. その映像はNHK東京放送会館や愛宕山の演奏所(現・NHK放送会館)の常設テレビ観覧所の受信機に送られた

6. その後、太平洋戦争をはさんで日本でテレビの本放送が始まったのは1953年2月1日のこと

7. テレビドラマは生放送かフィルム制作が中心だったが、1956年に米国で「2インチVTR」が開発される

8. 1958年には日本も導入し、同年、大阪テレビ放送「ちんどん屋の天使」において初めてビデオが使用された

9. 本作は生放送ではできない演出にこだわり映像合成によるひとり二役に挑戦。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)