西武S-TRAINは「観光列車」として使えるか

西武S-TRAINは「観光列車」として使えるか

S-TRAINとして活躍する西武40000系(撮影:尾形文繁)

ここ数年、埼玉県の秩父を訪れる観光客が、急激に増えている。秩父市が公表している入込客数に関する統計を見ると、2011年の354万4200人から2015年には507万6600人まで増えた。2016年の実績について秩父市観光課に問い合わせたところ、537万5600人だった。秩父市に横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町を加えた「秩父エリア」でも同様に、観光客の増加が見られる。

近年の秩父を訪れる観光客増加の理由としては、インバウンド増等を目的とする「秩父地域 おもてなし観光公社」の設立など地元の誘客への取り組みをはじめ、圏央道の開通、羊山公園の芝桜の盛り上がり、さらに、2016年に秩父祭の「山・鉾・屋台行事」がユネスコの無形文化遺産に登録されたことなどが考えられるが、これらと並び、「西武グループが、秩父観光に力を入れている」影響も大きい。

■西武が秩父に力を入れる理由

ここ数年、西武グループが新規で始めた秩父の観光に関連する事業としては、目立つものだけでも、秩父・三峯神社で絶景の雲海&星空鑑賞を目指す!『夜行列車で行く 秩父絶景ツアー』の開催(2015年8月〜)、コース料理が楽しめる観光列車「西武 旅するレストラン 52席の至福」の運行(2016年4月〜)、土休日に、西武秩父―元町・中華街を乗り換えなしで結ぶ全席指定列車「S-TRAIN」の運行(2017年3月〜)、西武秩父駅に隣接する、温泉レジャー施設「祭の湯」のオープン(2017年4月〜)など、さまざまなものがある。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)