ワインの作法、今さら聞けない基本中の基本

ワインの作法、今さら聞けない基本中の基本

デキるビジネスパーソンは押さえているものです(写真:つむぎ / PIXTA)

■商談がうまくいく、ワインのお店選びのポイント

近年、ワインを好むビジネスパーソンが増えています。欧米ではワインの知識は必須で、商談の際にワインが出されることがごく普通でしたが、その傾向は、日本でも年々増えているようです。いまや、ワインはビジネスシーンにおいて大きな武器になっています。

拙著『男のためのハズさないワイン術』でも解説していますが、接待や商談でワインを武器にするためには、まず「お店選び」が重要になってきます。お店は、接待・商談において、最大の味方であり、パートナーになるからです。

ワインのお店選びのポイントは、大きく2つです。

@料理やワインの好みをはじめ、相手の情報を事前に入手する
Aお店に予約するときのお店側の対応ぶり&事前リサーチ

@は当たり前といえば当たり前ですが、ワインのある接待・商談では、料理やワインの好み以外にも、誕生日や出身地、好きなスポーツ、ペットを飼っているか、好きな動物、趣味などの情報を事前に入手しておくと、大いに役立ちます。

なぜなら、ワインには、造り手の思い、エチケット(ラベル)や名前の由来など、さまざまなストーリーが隠されているからです。

サッカーや野球、ゴルフなどのスポーツに関するワイン、ネコやイヌ、ライオンなどの動物に関するワイン、映画や音楽、車などの趣味に関するワインもたくさんあります。

また、相手が海外赴任の経験がある方だったら、赴任地をリサーチしておくのもいいでしょう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)