共働き夫婦はマンション購入で失敗しやすい

共働き夫婦はマンション購入で失敗しやすい

共働き夫婦はマンション購入で失敗しやすい。マネープランが甘すぎるからだ(写真:kikuo/PIXTA)

今回は、共働き夫婦のマンション購入とローンの組み方について、考えてみたいと思います。共働きだと、どうしても老後設計が甘くなりがちだからです。おまけに「共働きだから」と変なセールスもついてくることがあるので、本当に用心しなければなりません。早速、お話に移ります。

結構値上がりしているけどやっぱりマンションを購入しようと、沢田孝之さん(41歳・会社員)と妻の容子さん(42歳・同)は、あるマンションの内覧会に出掛けました。手取り年収は2人で合計700万円ほど。幼稚園の子ども(5歳)が1人います。

マンションの値段は約5000万円。すでに買うと決めて、手付金も支払いました。当然、おカネのことは気になります。そこで、会場にいるファイナンシャルプランナー(FP)に住宅ローンの相談をしました。すると返済計画表のほかに、なぜか保険商品の設計書まで渡されたそうです。そこで不信感を持った沢田さんが、ローンの組み方も含めて、相談に来られたというわけです。

■住宅ローンを変動金利で組んでも大丈夫か

沢田さん:正直に言うと、5000万円はやや高すぎる買い物かなと不安があったのです。でも住宅ローンの返済計画を見ると、十分に支払える金額でした。4000万円の借入額ですけど共働きですし、ローンの毎月返済額は10万4276円。今借りているところの家賃より5000円ほど安くなるんですよ。でも心配なのは変動金利だと。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)