職場で「童貞いじり」する男性たちの深層心理

職場で「童貞いじり」する男性たちの深層心理

かつて、その場に男性しかいない社会では成り立っていた会話かもしれませんが…(写真は本文とは関係ありません。撮影:風間仁一郎)

女性の育児や仕事など、女性の問題ばかりが取り上げられるこのご時世。

しかし、男だって「男ならでは」の問題を抱えて生きづらさを感じています。男が悩むのは“女々しい”!? そんなことはありません。男性学研究の精鋭、田中俊之先生がお答えします。

この連載は、普段は男性からのご相談にお答えしていますが、今回は女性からのご相談です。

※お悩み相談はこちらの投稿フォームへ

■今回の相談

まずは落ち着いてから質問いたします。

私は女性ですので、男性(一部の)に対する疑問です。

男性と職場の人間関係についての話をしているとき、同僚の若い男性に関する話題になると「あいつは童貞だから仕事ができない」と評する場面に遭うことがあります。性経験の有無で他人を評価することが、女性ではさほどありませんので、このような場面に遭遇するたび、違和感を覚えます。

こういった評価を下しがちな男性は30代後半からのように思えます。また、私個人の主観によれば特に仕事において有能とも思えません。

一方で、評価される側の「童貞とおぼしき若い男性」も確かに「ザ・有能」というわけでもありません。とはいえ悪態をつかれるほど仕事において難点を持っているわけでもなく……

むしろ両者は似たもの同士のようにも思えます。

男性に見られがちな、性経験と自身の能力を結び付けがちな志向の正体はいったいなんなのでしょう?

■これは「全部」ではなく「一部」です

まずは落ち着いてくださり、本当にありがとうございます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)