1口1万円、「小口不動産投資」で何が変わるか

1口1万円、「小口不動産投資」で何が変わるか

「不動産とクラウドファンディングの相性は非常にいいので、数兆円のマーケットになる可能性がある」と語るロードスターキャピタルの岩野達志社長

2017年9月に東京証券取引所マザーズ市場へ新規上場したロードスターキャピタル株式会社。設立から5年で上場した同社は、自己資金で不動産投資を行うコーポレートファンディング事業を主軸としつつ、個人が少額から不動産投資を行うことのできるクラウドファンディング事業を展開する不動産テック企業です。

同社が運営する不動産投資クラウドファンディングのプラットフォーム「OwnersBook(オーナーズブック)」では、1口1万円からオンラインで不動産商品に投資することができ、2017年10月31日時点で1万人以上の会員に利用されています。不動産業とITを融合させ、「不動産テック」という新たな業態を切り拓こうとしているロードスターキャピタルの魅力を、岩野達志社長に伺いました。

事業の詳細については「成長性に関する説明資料」

ロードスターキャピタル株式会社は2012年に創業し、不動産関連のコンサルティングや投資事業からスタート。2014年のRenren Inc.の出資以降、不動産特化型のクラウドファンディング事業として「OwnersBook」の運営を開始。不動産投資・賃貸業であるコーポレートファンディング事業と両輪で成長を実現し、2017年9月にマザーズに新規上場を果たす。

役職員は35名。登録・免許は、第二種金融商品取引業、投資助言・代理業、宅地建物取引業、不動産投資顧問業。2016年度は売上高約47億円、経常利益約7億円。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)