小泉進次郎氏の「こども保険」、なぜ必要か?

小泉進次郎氏の「こども保険」、なぜ必要か?

「こども保険」は、なぜ必要なのでしょうか?(撮影:尾形文繁)

衆議院議員総選挙が終わり、第4次安倍晋三内閣が発足しました。総選挙のマニフェストには「子育て支援」の財源を消費税アップで賄うことが発表され、選挙後には、保育所整備に向けた企業拠出金の増額が検討されています。

一方、「選挙の顔」として大活躍だった小泉進次郎氏は、子育て世代への支援策として「こども保険」を提案しています。この政策を提言した「2020年以降の経済財政構想小委員会」(委員長代行:小泉進次郎)のオブザーバーを務め、その議論の推移をまとめた『人生100年時代の国家戦略――小泉小委員会の500日』を執筆した藤沢烈さんに、なぜ「こども保険」が必要なのかについてうかがいました。



■地方にも待機児童問題は起こっている

木本:前回は、こども保険の概要について伺いました(小泉進次郎が推す「こども保険」って何ですか)。今回はなぜ「こども保険」が必要なのかを伺います。

僕の実感として、地方と都市部では子育ての意識が違うと思います。『そして父になる』という映画は観たことがありますか? 子どもが入れ違ってしまう話ですが、都心のエリートサラリーマン家庭は一人っ子で、地方の自営業家庭は3人兄弟というところに、リアルさを感じたのですが。

藤沢:福山雅治とリリー・フランキーが熱演していましたね。

木本:あれが、現状ではないかと思うんです。だから日本全国で考えると、「子ども保険、必要だな」と納得できる地域と、そうでない地域の差が出ませんか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)