競馬の勝負服「河野テーラー」は福島の誇りだ

競馬の勝負服「河野テーラー」は福島の誇りだ

勝負服を手に持つ福島県の河野テーラー、河野正典社長。この「黒、青袖、黄鋸(のこぎり)歯形」の勝負服は金子真人HDのものだ(筆者撮影)

天皇賞・秋でキタサンブラックが究極の道悪馬場を克服して見事に復活。ジャパンC(カップ)と有馬記念に出走してから年内に引退することを表明した。中央競馬は年末の8連続GTシリーズに突入。筆者のホームタウンの福島競馬は盛況のうちに19日に無事に秋競馬を閉幕し、今年の全日程を終えた。キタサンブラックが残る2戦を勝ってJRA(日本中央競馬会)のGT8勝の新記録を達成するのか。今年は12月24日に有馬記念を終えても新設GTホープフルSが28日にある。売り上げも含めてどう締めくくるのかにも注目だ。

その競走馬の騎手がレースで騎乗する服をご存じだろうか。俗に「勝負服」と呼ばれる。中央競馬では馬主によって勝負服が決まっている。騎手が好きな服を着ているわけではない。馬主が自らデザインした服色があり、所有馬が出走するときには騎手が馬主ごとに登録した勝負服を着用する。そして、使用できる色や図柄は競馬施行規則に細かく定められている。

キタサンブラックを所有する北島三郎さんが会長を務める大野商事の勝負服は「黒、茶三本輪」、ディープインパクトらの馬主の金子真人HD(ホールディングス)の勝負服は「黒、青袖、黄鋸歯形」と表記される(冒頭写真)。これがどういう意味か。今回はJRAの勝負服について解説したい。そして、勝負服は筆者のホームタウンである福島県に実にゆかりのあるものとなっている。

■勝負服の種類は実にさまざま

JRAの勝負服の服色の登録は馬主1人につき1種類だ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)