現代日本とフランス第2共和政はソックリだ

現代日本とフランス第2共和政はソックリだ

美しすぎるがゆえの悲劇(写真:cozy / PIXTA)

マルクスは、『ルイ・ナポレオンのブリュメールの18日』の中で、こう語っている。「海神(わだつみ)テティスはアキレウスに、お前は若さの絶頂期に死ぬだろうと、予言した。憲法もアキレウスと同じ急所をもっていたので、アキレウスと同じように早死にするだろう、との予感をもっていた」(拙訳、1852年)。

この憲法とは、1848年のフランス第2共和政憲法のこと。美人薄命の例えどおり、美しいものの命ははかない。それは、美しすぎるがゆえの悲劇を自らのうちにもつからである。

■わがアキレス腱である憲法9条

昨今のわが国の状況を見ると、これは日本国憲法の話だと思っていいのかもしれない。改憲の論議は、わがアキレス腱である9条に注がれているからである。まれに見る見事な憲法である日本国憲法は、1848年当時としては理想的憲法であった第2共和政憲法と酷似している。

第2共和政憲法のアキレス腱とは何か。それは、大統領の再選を認めなかったことである。フランス革命以来、フランスでは、ロベスピエール、ナポレオン・ボナパルトといった独裁者がつねに生み出されてきた。だからこそ、第2共和政の憲法は、そうした独裁者を生み出さないことに苦慮した。その結果、大統領の再選を阻止し、大統領の親族による継承も阻止するという条文が憲法に織り込まれることになったのだ。

しかし、賢い大統領ならば、この憲法の盲点に気づくはずである。いわばコロンブスの卵である。憲法で再選を禁止しているのであれば、憲法を破棄すればいいということになるのだ。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)