株価暴落「危険なシグナル」の簡単な見つけ方

株価暴落「危険なシグナル」の簡単な見つけ方

1929年10月の大暴落の時のNYウォール街。「危険なシグナル」を事前にかぎ分けるには?(写真:AP/アフロ)

まだ11月の下旬に差し掛かったところですが、もう「今年は株式市場が非常に好調だった」と言ってもよいかもしれません。なにせ、10月には日経平均株価が何と16日間連続で上昇するという新記録を打ち立てたぐらいです。

それに合わせて「今後も株価の上昇は続くのか」「それとも今の株価はバブルなのか」といった議論が、専門家といわれる人たちの中で、いろいろなされています。

■「企業が将来にわたって生み出す利益」予測できるか

さて、株価というのはつねに企業の実態価値を表しているとは限りません。ですから、割安であったり割高であったりすることはつねに起こります。割高が行きすぎるとバブルということになるわけです。

株式に関して「唯一、絶対正しいこと」とは何でしょうか。

それは、「株式の価値というのは、その企業が将来にわたって生み出すすべての利益を今の価値に換算したものだ」ということです。でも、これから将来にわたって生み出す利益がどれくらいになるかなどということは、誰だってわかりません(当の会社の経営者だってわからないでしょう)。

だからこそ、人によって予想が異なるのは当然だし、世の中の多くの人が過剰に悲観的な見通しをすることで安くなったり、逆に過大な期待感で高くなったりするわけです。

よく言われるように「バブルというのは弾けてみないとわからない」ものですから、今がバブルかどうかは本当のところはわかりません。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)