「アップル」はいかにして日本に上陸したのか

「アップル」はいかにして日本に上陸したのか

新本社であるApple ParkのSteve Jobs Theaterの外観(写真:Apple) 

『林檎の木の下で』が刊行されたのは1996年春だった。すでに20年以上が経過し、アップルはスティーブ・ジョブズというリーダーを失った。今回、『林檎の樹の下で 上 禁断の果実上陸編』と『林檎の樹の下で 下 日本への帰化編』の形で2回目の復刊となった。今回の復刊発案人は実業家の堀江貴文氏。堀江氏を「IT業界に入ってもいいかな」とバイト時代に初めて思わせてくれた本だという。著者の斎藤由多加氏が『スティーブス』の作者である、うめ先生のマンガとともに、日本人とジョブズの最初の出会いを描く。

■サンフランシスコ 1977年4月

1977年4月16日、サンフランシスコ市内ダウンタウンにあるシビックセンターのオーディトリアムは、あふれんばかりの来場者でごった返していた。ここでは「第1回ウェストコースト・コンピュータ・フェア」というコンピュータのショーが開催されている。ショーといっても会場内は、大企業らが出展する、一般的なトレードショーとは一風異なる雰囲気をたずさえていた。

Tシャツ姿やひげ面の者、長髪を束ねた者、赤ん坊を連れた者、実にさまざまないでたちの人間であふれている。ここに1人の日本人の姿があった。眼鏡をかけた背広姿の小柄な男は、東京でハイテク関連の会社を経営するエンジニアであった。そもそもの訪米の目的は市内で開催される学術会議に参加することであり、このショーに足を延ばしたのはちょっとした好奇心からである。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)