子どもに教えたい「二重基準」を持つ重要性

それらのスキルや能力を学ぶために、「多様な学び」「双方向型の学び」「アクティブラーニング(主体的・対話的で深い学び)」という形態も出てきました。ご存じの方も多いかもしれませんが、2020年以降は学習指導要領の改訂や、大学入試センター試験の廃止、新しい入試形態の誕生などが予定されています。

こうした変化を脅威に感じる方もいるかもしれませんが、筆者はそうは思いません。人として「学びはもっと自由でいい」「さまざまな考えがあっていい」という、本来のあるべき学びの形へと回帰というポジティブな面もあると感じるからです。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)