「かけ算が最強の発想」という大いなる誤解

「かけ算が最強の発想」という大いなる誤解

アイデアは複雑にするよりもシンプルに考えていったほうが本質が際立ちます(写真:ふじよ / PIXTA)

「優れたアイデアを生むためには何が必要か?」というのは普遍的なニーズだ。企業の新商品や新サービスの開発現場では、「企画はかけ算」という言葉を口にする人も少なくない。

そんな中、「アイデアは『かけ算』ではなかなか生まれない」と語る『京大式DEEP THINKING』の川上浩司氏が明かす、クリエイティビティを高めて、アイデアを創出する秘訣とは?

まったく異なる2つのモノを掛け合わせることで、新しい存在を生み出す「かけ算発想」。たとえば、「コーヒー」×「牛乳」=カフェオレ、といった具合だ。これは一見正しいように感じるし、確かに「何かと何か」を掛け合わせれば新しいものが生まれそうな気がする。本当に「かけ算」でアイデアを生むことができるのだろうか?

■「かけ算発想」に潜む大きな落とし穴

そもそも「アイデアはかけ算」というが、「足し算」とはどう違うのだろう?

「コーヒー牛乳」でも「カフェオレ」でも、牛乳の分子とコーヒーの分子がごちゃ混ぜになっているわけであって、状態としては「コーヒー」と「牛乳」が足されているだけ。「赤」と「青」を混ぜると「紫」に見えるが、拡大すれば「赤いドット」と「青いドット」が並んでいるだけだ。

印刷業界の人は「色の掛け合わせ」と表現するが、これはあくまで足し算。種と種の交配も、遺伝子レベルでは組み合わせが変わっている現象といえる。

かけ算をすると、本来は「単位」が変わる(長さ×長さ=面積のように)ものの、色と色を掛け合わせても単位は変わっていない。また、かけ算で考えられたとしても、単位が変わるということは発想が別次元に飛んで行ってしまう可能性もある。優れたアイデアを考えようとしたとき、本当にかけ算で実現できるのは極めてまれなのだ。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)