「自殺願望」に縛られた幼い少女の深刻事情

「自殺願望」に縛られた幼い少女の深刻事情

母は理不尽に虐待する怖い存在です(写真:Wayne_PHOTO / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール、専用サイトで受け付けています

正直言って、私の両親は心を病んでいます。母は、以前は優しい人でした。ところがいつの頃からか突然ヒステリー人間になり、 私が宿題をやっていなかっただけで怒り狂ったり、叩いたりします。

私に何の関係のないことで自分のせいで起きたことでも、私のせいにして私をしかります。ほかにも、自分が早く寝たいがために、私に宿題を急かしたり、私が何かを訴えても聞く耳を持たなかったりで、私にとって母は、理不尽に虐待する怖い存在でしかありません。

父は私が小学1年生の頃の10月の出張中に酒におぼれ、 ネットにもおぼれ、仕事をサボりはじめ、誰にも信用されない人間になりはじめました。 最近の父は目がくぼんで、骸骨みたいになっています。

このままこのような両親と過ごすくらいなら、自殺したほうがましだという考えが、頭から離れなくなりました。精神的にとてもつらいのです。どうすればいいですか。

メルハ

■不幸な状態が永遠に持続するわけではない

ツイッターを用いて自殺願望者をおびき寄せて9人を殺(あや)めた男の自供によると、「本当に死にたがっていた人は1人もいなかった」そうですね。

大人でもそうですが、悩みの渦中にいる人は、その悩みが世界のすべてで、そこから免れるときが自分に訪れることなど、想像もできない状態に陥るものです。その結果、「この世から消えてしまいたい」という思いが心をよぎるのです。

しかし世の中はよくできたもので、不幸な状態が永遠に持続するわけではありません。たとえば、メルハさんが両親と一緒に住まなければならない時期も限られています。そのあとの人生のほうがずっと長いことに目を向けてください。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)