プロバスケ「Bリーグ」2年目に直面する正念場

プロバスケ「Bリーグ」2年目に直面する正念場

Bリーグは「ブレイク・ザ・ボーダー(境界を壊せ)」の考え方だと大河チェアマンは力強く語った(撮影:佐久間秀実)

「毎年10%ずつ入場者数が伸びると2020年に300万人に達しますが、今のアリーナだけでは本当は相当しんどいですよ」

そう話すのは男子プロバスケットボールリーグ・Bリーグのチェアマン、大河正明。Bリーグはプロ野球、Jリーグ(サッカー)に続き、2016年9月22日に開幕した日本で3番目の団体競技のプロリーグだ。会社員として企業に属しながらスポーツに取り組む実業団と違い、選手は原則、個人事業主としてチームと一定期間の契約を結んでプレーする。

それまで、日本のバスケ界はプロ化を好まない実業団チーム(NBL)と、プロ化を目指すセミプロチーム(bjリーグ)で対立構図が乱立し、長らく混迷を極めていた。

その中で昨年、Bリーグが誕生するとともに、日本バスケ界は新たな幕開けを迎えたのだ。 初年度は、元NBA選手・田臥勇太率いる栃木ブレックスが初代王者に輝いた。2016−2017シーズンの入場者数はB1リーグ、B2リーグの合計で226万人を記録した。

「2020年に入場者数300万人」の実現を目指して、2017年9月からすでに2年目のシーズンがスタートしている。現在、Bリーグの一般認知度は、約65%という。2015年の約41%から上昇したものの、他のメジャー団体競技と比較してみると、プロ野球(90%)、Jリーグ(87%)には遠く及ばない。まだB.LEAGUEの試合を見たことがない方に来場してもらうべく、今シーズンは一般認知度75%を目指している。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)