介護離職シングルマザーがハマった貧困の罠

介護離職シングルマザーがハマった貧困の罠

川上典子さん(仮名、53歳)は佇まいに育ちのよさを感じる普通の女性だ(編集部撮影)

この連載では、女性、特に単身女性と母子家庭の貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。

今回紹介する女性は、家族の介護により離職せざるをえなかった53歳のシングルマザーだ。彼女は中学から都内の有名女子校に進学、何不自由のない家庭で育った。

■介護離職から終わりのない貧困に苦しむ

都心部にあるおしゃれエリア。利便性が高く、昔からたくさんの芸能人が居住する。その超人気エリアにある川上典子さん(仮名、53歳)の自宅に向かう。

急行停車駅を降り、昔ながらの商店と、おしゃれな飲食店が並ぶ長い商店街から住宅街に入る。軽自動車がやっと通行できる4メートル道路を何度も曲がり、車道のない私道に入る。おしゃれな雰囲気は消えた。老朽化した木造住宅が立ち並ぶ。さらに舗装されていない1メートルない道を抜け、強引に建築したのか、掘っ建て小屋のような接道のない老朽木造アパートに着いた。

家賃5万2000円、生活保護者をターゲットにした福祉物件だ。5万円台前半はこの地域では破格の賃料である。しかし、劣悪だ。再建築不可で四方はベタ付きで住宅が建ち、24時間ほとんど日は当たらない。舗装されてない歩道は泥が湿る。携帯電話で到着を伝えると、いちばん手前の部屋から川上さんが出てきた。木造のドアを開けたとき、なにかが軋(きし)む嫌な音がした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)