「パワースポット」、メディアの仕掛け人たち

「パワースポット」、メディアの仕掛け人たち

今戸神社では、絵馬のほか、招き猫が描かれたお守りやおみくじも人気で、若い女性の参拝客が多く訪れている

「精神世界」の追求から、いつしか「恋愛」「癒し」へとベクトルが向かったパワースポット。メディアへの露出の仕方も、それに合わせて大きく変化してきた。テレビ番組の制作に携わるなかで、メディアが取り上げる
「オカルト」「スピリチュアル」「パワースポット」に関心を寄せ、ついには大学で研究まで行うようになった筆者が解読する。

「そもそもパワースポットって何ですか?」

この質問にまともに答えようとすると、案外難しい。パワー(力、エネルギー)がある+スポット(場所)=「パワースポット」と考えれば、単純明快でわかるような気になってしまう。しかし、その〈パワー〉とは何か、〈パワー〉について説明するとなると、ことは複雑怪奇である。なぜなら、パワースポットを選定するカリスマたち(風水師、気功師、占術師、霊能者など)は、それぞれの領域の世界観や専門用語で、〈パワー〉について語っているから。そのため、説明は多種多様で、共通する部分もあるが、全体に同一ということはない。それぞれの差異に注目すれば、カリスマたちの数だけパワースポットの選定理由があるといえなくもない。

29万0200語(2017年8月現在)を収録する大型国語辞典『デジタル大辞泉』(小学館)は、「パワースポット」を「霊的な力が満ちているとされる場所」と解説している。実に、簡にして要を得た説明である。〈パワー〉とは、物理的な力ではなく、超自然的、霊的、精神的な力である。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)