センベロ街「立石」で40年続くスナックの魔力

センベロ街「立石」で40年続くスナックの魔力

「はしご酒」のメッカ、立石の商店街。この街にどんなスナックがあるのだろうか(編集部撮影)

「はしご酒」や「センベロ(1000円でベロベロに酔える)」で有名な葛飾区立石。立ち飲み屋をはじめとした古き良き昭和の面影が残る、まさに“呑んべえの聖地”である。駅前アーケードにある「モツ焼き屋」や「立ち食い寿司屋」は、日中から酒をたしなむ常連で埋め尽くされる。店内は数人で満員だ。客同士の距離が近いからこそ、自然とコミュニケーションが生まれる。

ここ数年、駅前のシンボルである「?んべ横丁」では、再開発によって多くの飲み屋が姿を消した。しかし、この街を象徴する魅力的なスナックはいまだに点在している。

■立石の路地裏にたたずむ、その名も「サファイヤ」

「スナック女子(スナ女)」を標ぼうする筆者の本連載で初めて訪れる場所として、立石を選ぶことにした。

京成立石駅を降り、駅前アーケードを抜けて街道沿いに進むと、小道がある。さらに奥に進むと、妖しく輝く青色の看板が見えてきた。「スナック サファイヤ」だ。

オーソドックスな玄関風の扉には、料金表が張り出されている。外から料金がわかるため、初心者でも安心だ。ただ、中の音はまったく漏れ聞こえてこない。初めての店ということもあり、自然と緊張感が高まる。

それでは、扉を開けて中に入ってみよう。行きつけではないスナックを訪れる際、いちばん緊張する瞬間かも知れない。扉の向こうには何があるのか……。

店内は多くの常連客で賑わっていた。8〜10名が腰かけられるソファー席と、3名が座れるカウンター席がある。想像以上に広い。

壁には、ママ一押しの演歌歌手のポスターや、マトリョーシカ、トロフィーなどが飾られている。どことなく、親戚の家のような、落ち着いた懐かしい雰囲気がある。

客同士は笑顔で談笑。ママやアルバイトレディはせっせと飲み物を作っている。テーブルの上には乾き物のほか、煮物やゆで卵、旬の果物が並ぶ。煮物はママのお手製だろうか。アットホームな雰囲気が感じ取れる。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)