「保育園に入りたい」ママとパパの切実な訴え

「保育園に入りたい」ママとパパの切実な訴え

11月8日から始めた署名は、署名提出の11月27日11時半時点で、3万1327筆が集まった

さまざまな社会問題と向き合うNPOやNGOなど、公益事業者の現場に焦点を当てた専門メディア「GARDEN」と「東洋経済オンライン」がコラボ。日々のニュースに埋もれてしまいがちな国内外の多様な問題を掘り起こし、草の根的に支援策を実行し続ける公益事業者たちの活動から、社会を前進させるアイデアを探っていく。





■待機児童問題に対して訴えを続けてきた母親や父親

「保育園に入りたい」と待機児童問題に対して訴えを続けてきた母親や父親が、今、子育て政策の議論の中心で大きな存在感を持ち始めています。

「一般の人がこの問題を社会問題だと理解し、『子どもは社会全体で育てよう』という、子育てに目を向ける文化をつくらなければいけない」。こう話すのは、「希望するみんなが保育園に入れる社会をめざす会」(以後、「めざす会」)代表の天野妙さん。東京都武蔵野市で3人のお子さんを育てる母親です。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)