大相撲、上から目線の評論家は黙ってほしい

大相撲、上から目線の評論家は黙ってほしい

日馬富士は11月29日に引退会見を行った(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

人生相談室で人気のミセス・パンプキン。日々、報じられている日馬富士暴力問題で優勢になっている「モンゴル人力士批判、貴乃花親方擁護」の流れに、あえて異論を提示します。

相撲ファンであり、特に貴乃花と日馬富士が大好きだった私としてはとても胸の痛い事件が起こりました。暴力はいけないのは当然です。しかし、そこに理事会や親方間の"政治的確執"に、強いモンゴル力士への屈折した不満が加わり、当事者である日馬富士、貴ノ岩、そして相撲ファンを置き去りにした場外バトルに突入しています。

貴乃花親方には誠実な対応を、日馬富士関には第二の人生での活躍を、そして無責任な芸能人や評論家が黙ってくれることを願ってやみません。

■日馬富士の引退会見にみる誠実な人間性

「私は、相撲を愛しています。大好きです。相撲道というのは、人として、相撲を通じて、国民の皆様に感動と勇気(を感じてもらう事)。(私は)親方、おかみさんから学びながら、相撲を通じて社会に何かできる事をやろうと(努力し)、できるだけのことをやってきました。そういう意味で、私にとっての相撲は、ただ闘って強ければ良いというのでなく、感動・勇気・希望を与える事です」、以上は元横綱日馬富士の引退会見の時の言葉です。

貴乃花親方の「相撲道を通じて、目上を敬う心とか、礼儀を重んじる精神を伝える」思いは、日馬富士にも十分に継承されていたようです(あの事件を除いては)。その横綱が引退しました。

貴乃花親方の対応次第で、日馬富士の罪の軽重が異なると聞きます。日馬富士のこれまでの相撲界への貢献や社会貢献を考えると、一時の過ちで受けた社会的制裁は十分でしょう。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)