デートで「おごられたい」女性は実は少数派だ

デートで「おごられたい」女性は実は少数派だ

デート代は男女でどう分担するのがベストなのでしょうか(写真:Kazuhiro Konta / PIXTA)

ソロモンの間でしばしば議論される「デートでは男がおごるのが当たり前か」問題。今回は、このテーマを取り上げたいと思います。

私が主宰するソロもんLABO(旧ソロ男プロジェクト)では、定期的に独身生活者の調査を実施しています。ソロ男・ソロ女だけでなく既婚男女も調査対象とし、アンケートや対面インタビュー、座談会を通し定量的・定性的な分析を行っています。

■バリキャリ女子の「当たり前」とは?

先日、ソロ女の生活意識をテーマに座談会を実施した際、まさに「デートでは男がおごるのが当たり前か」が話題に上りました。座談会の参加メンバーは、32歳から35歳までの女性6人。職種は広告制作・デザイナー・PR・営業などで、バリバリと仕事をこなし年収も意識も高い女性たちでした。

彼女たちは、2017年7月11日配信の「『結婚しない女』の行動は限りなく男性的だ」でご紹介したとおり、経済的にも精神的にも自立し、極めて論理的な思考をする「典型的なソロ女」に分類されます。しかし、「結婚の意思」に関しては必ずしも後ろ向きではなく、「結婚はしたいよね」という意識があるところが特徴でした。

そんな彼女たちは「デートのお勘定」について、どんな意見を持っているのでしょうか。今回は漫画で紹介しようと思います。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)