ロヒンギャが直面する想像以上に深刻な対立

ロヒンギャが直面する想像以上に深刻な対立

バングラデシュの難民キャンプにある、仮設「モスク」。集まるのはイスラム教徒ロヒンギャの男たちだ(写真:木村聡)

母国ミャンマーで迫害を受けたイスラム教徒ロヒンギャが、隣国バングラデシュに避難を開始して早数カ月。2017年12月にはローマ法王が支援を表明するなど国際社会では彼らを擁護する声もあがりますが、その一方、ロヒンギャたちはバングラデシュ国内で別の問題を引き起こしています。

救いを神と信仰に強く求めるからこそ、生み出される軋轢の実態――。フォトジャーナリストの木村聡氏が現地よりリポートします。

■ロヒンギャ難民たちが集まるモスク

イスラムの礼拝を呼びかける「アザーン」が遠くから聞こえ始めた。斜面に乱雑に並ぶバラック小屋の間から、粗末ななりをした男たちがぞろぞろ集まり出す。

「サラマレクン(あなたの上に平和あれ)」

口々にアラビア語で挨拶を交わす人々。だが、ここは中東アラブではなく、彼らもアラビア語を母国語とする人ではない。みなベンガル系の「ロヒンギャ」と呼ばれる人たちで、この場所はバングラデシュにある難民キャンプの中だ。

ロヒンギャはイスラム教徒とされる。隣国ミャンマーから逃れ難民となった彼らは、自分が住むテント小屋と同時に、すぐにイスラムの礼拝堂も建てた。何十万人にも膨れ上がった難民キャンプには今、竹と土とビニールシートで造られた「モスク」が大小たくさんできている。

「われわれはとても困難な状況に身を置いている。いまこそイスラムの戒律を守り、深く熱心に信仰に生きなければならない」

もっとも大切な金曜日の礼拝。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)