2017年、もっとも読まれた鉄道記事トップ20

2017年、もっとも読まれた鉄道記事トップ20

「鉄道最前線」のうち、多く読まれた記事をランキング形式で紹介します(写真:tkc-taka / PIXTA)

東洋経済オンラインの大きな特徴のひとつが、「鉄道最前線」という独立コーナーを設置し、ほぼ毎日、鉄道に関するオリジナル記事を配信していること。今回、2017年に配信した鉄道最前線の記事のうち、多く読まれた人気記事「トップ20」をランキング形式で紹介する。正月休みのこの機会に、見逃した人気記事を、ぜひご一読いただきたい(カッコ内は記事公開日)。

20位 通勤電車の一等地「ドア横」巡る仁義なき戦い(7月25日)

通勤電車のドアの横に立っている人の荷物が、座っている人を直撃――。東武鉄道が作成したこのポスターに描かれているのは、日常的に見掛ける列車内の風景だ。ドア横のスペースと座席との間には、バーではなくボードが設置されている。だが、このボードのサイズもデザインも、実に中途半端だと思うのだが。

19位 終電後でも「乗り継ぎ」で帰れる裏技がある(5月10日)

終電を逃した後に、普段のルートよりも遠回りであっても、電車を乗り継いで帰宅できるルートを紹介する。たとえば、渋谷から武蔵浦和行きの埼京線は23時41分が最終だが、23時51分発の山手線で池袋駅に向かい、さらに埼京線、京浜東北線、武蔵野線と乗り継げば、0時49分に武蔵浦和に到着する。

18位 新駅で消える山手線「低すぎるガード」の秘密(6月8日)

山手線・田町ー品川間のほぼ中間地点に、高さが1.6mしかないガードが存在する。通り抜けようとしたタクシーが屋根の上の社名表示灯をぶつけて壊したことから、「ちょうちん殺しのガード」と称される。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)